原状復帰をプロに依頼【手続きが簡単にできる】

広さや劣化の度合いで

相場や支払い義務について

リフォーム

原状復帰により、賃貸物件は築年数が多くても美しい状態になります。
そのため賃貸人のほとんどが、業者にこまめに原状復帰を依頼しています。
かかる費用は、賃貸物件の広さや劣化の度合いによって大幅に異なってきます。
たとえば壁のクロスの張り替えの場合、1平米あたりの料金は千円程度です。
そのため施工範囲が3平米の場合は約3千円の費用負担で済みますが、10平米の場合は約1万円となるのです。
また畳の張り替えも、枚数が多いほど料金が高くなります。
張り替えではきれいにすることが困難なほど劣化している場合には、交換となるため、より多くの費用がかかります。
このように施工の範囲と内容によって費用が異なるものの、ある程度の相場はあります。
具体的には、30平米以下の賃貸物件の原状復帰では3〜5万円が、それ以上の場合は5〜10万円が相場なのです。
ただし、この費用の全てを賃借人が支払うわけではありません。
通常の使い方をしていても劣化したという部分については、原状復帰費用は賃貸人が支払うことになっているからです。
たとえば壁のクロスや畳の場合、日光によって色褪せることがあります。
この場合は賃借人の責任ではないため、原状復帰費用は賃貸人が負担するのです。
したがって賃借人がきれいに賃貸物件を使っていた場合には、原状復帰費用の負担額は相場よりも少なめになります。
ただし良い状態だったとしても、賃貸物件では次の賃借人が気持ちよく使用できるようにと、ハウスクリーニングが必ず行われます。
ハウスクリーニングには2〜3万円の費用がかかるのですが、これについては賃借人に支払い義務があります。

立つ鳥跡を濁さずで退去

リフォーム

原状復帰、原状回復、これらは同じ意味を指します。
賃貸住宅からの退去やオフィスの撤退などにより、今まで使っていた、住んでいた物件を元の状態に戻すことをさします。
ただし、借りる前の状態に戻すのではなく、経年劣化や通常の使用により生じた劣化などは考慮されます。
たとえば、椅子を置いていたことによる床のへこみや冷蔵庫裏の壁の電気ヤケなどです。
しかし、手入れ不十分により生じた水回りのカビ、フローリングの黒ずみなどは綺麗にしなければなりません。
他にも、不注意により生じた床の傷、タバコのヤニなども借主負担で原状復帰しなければなりません。
賃貸住宅の場合、原状復帰については契約書に記されている場合が多いです。
敷金を最初に支払うことが多いですが、この敷金が原状復帰の費用に充てられます。
すなわち、汚したところはきれいに掃除をし、壊してしまったところは修繕する方が敷金が戻ってきます。
また、賃貸年数が長いほど、借主の負担割合が低くなる場合が多いです。
自分でできるところは掃除やDIYを行い、自分でできない所は専門家に依頼するとよいです。
特に、時間がない方におすすめです。
ハウスクリーニングに依頼すれば、素人ではとりにくい汚れも落としてもらえます。
退去後にハウスクリーニングが入ることが多いですが、だからといって掃除をするのとしないのでは返還されるお金も違いますし、何より立つ鳥跡を濁さずで今まで使っていたところをなるべくきれいにするのはマナーです。

選定ポイントと情報収集

工具

不動産オーナーの強い味方である原状復帰工事業者。
選ぶポイントは4つあります。
1つは技術力です。
要望に対してどれだけ対応でき工事してくれるかは重要です。
技術力が低いと再施工しなければならない事もあり、次の入居者を募集する事ができません。
入居してくれていた人との信頼関係も壊れてしまいます。
2つ目は細かい配慮のある原状復帰工事業者です。
迅速に対応したり、専門用語を分かりやすく説明してくれる業者かです。
必要でない工事かは素人にはわかりません。
施工内容を細かく丁寧に説明してくれる業者を選ばないといけません。
3つ目に中間マージンがない原状復帰工事業者です。
これは原状復帰工事費用の節約にもなります。
直接施工の業者を選ぶ事で、コストダウンできるからです。
最後に入居者目線で工事してくれるかです。
入居希望者の内見や、入居後の生活にも配慮してくれる業者かは、選定に必要な事です。
以上の4点を基本に、原状復帰工事業者を選別する必要があります。
探し方はネットでできますが、1番良い方法は知り合いや同じオーナーから意見をもらう事です。
経験者からの意見は大変貴重です。
オーナーが選ぶ人気の業者に出会う事ができます。
知り合いや他のオーナー仲間がいない場合は、ネットでの口コミや実績を参考に選択します。
この際は、上記の4点を基本に探します。
見つけてもすぐに決めず、まずは見積もりを依頼すると良いでしょう。
どの業者も無料見積もりを行っています。