原状復帰をプロに依頼【手続きが簡単にできる】

工事の質が異なる

業者の形態

工具

賃貸物件の価値を向上させたり、維持させるために必要なのが原状復帰という作業です。
通常の使い方をした部屋の場合原状復帰のための工事費用を退去者が負担することはありません。
とはいえ数年住んでいればクロスは家具などの配置によって部分的に日焼けしたり、冷蔵庫の足が当たる部分のフローリングがへこむといった症状などが現れることも珍しくありません。
当然、大家さんは原状復帰が必要になります。
通常不動産業者は、こうした現状復帰に関する業務も併せて行います。
ですから、退去者が出たからと、大家さんが何か原状復帰に関する業者の手配などは必要ありません。
しかし、不動産業者などの仲介業者がいない場合は、こうした業者も自分で探してきて、工事を手配する必要があります。
最近では、退去者との立ち合いから原状復帰作業を含めた次の入居者が決まるまでのメンテナンスを、専門に扱う業者も存在します。
契約の方法も一部屋いくらというケースや個々の部屋の状態によって料金が変化するケースなど会社や契約プランによって異なります。
退去者が出た場合、ハウスクリーニングだけを急いで行い、次の入居者の募集をかけたいと考える大家さんや不動産業者がいます。
しかし、築年数や退去者の使用方法によっては、ハウスクリーニングだけでは不十分な部屋も多いのが実情です。
早急に、ハウスクリーニングだけを行っても次の入居者がなかなか決まらなければ意味がありません。
入居する部屋を探す際に重要となる部屋の印象は、ドアを開けた最初の数秒で決まるというデータもあります。
その時代にあった部屋であることはもちろんパッと見て清潔感を与える部屋を作っておくことこそが、より効率的に住居を回すコツです。
そのためにも、時代に合った原状復帰などの手入れが必要となるのです。

方法次第でコスト減に

リフォーム

マンションなど居住用に賃貸物件を借りている方は多くいると思いますが、転勤などで引っ越しをしなければならなくなったときに考えなければならないのが原状復帰の問題です。
原状復帰とは、元の状態に戻すことをいい、賃貸物件であれば借りたときの状態に物件を復旧させることをいいます。
もっとも、すべてを原状復帰させる必要はなく、日常的に使用していた場合に当然つくような壁の汚れや、住宅設備の自然的な劣化といったものは対象外となっている点を覚えておくようにしましょう。
この原状復帰には大きく2つあり、一つはハウスクリーニング、もう一つは造作の撤去です。
ハウスクリーニングは文字通り、部屋の中を掃除するということです。
これは自分でもできますが、一般的には貸主が専門の清掃業者に依頼して行い、それに要した費用を敷金から控除する形で借主から徴収することが多いです。
そのため、借主が新たに支出を迫られるケースはそれほど多くはありません。
しかし、清掃費用として要した費用が、前述のように通常の使用でついた汚れの除去費用といった、本来借主が負担しなくてよいものまでカバーされていないか確認することは必要でしょう。
もう一つの造作の撤去ですが、これは賃借中に物件に設備などを設置した場合に発生します。
典型的なものはエアコンや照明で、これらは原則として取り外して撤去する必要があります。
もっとも、貸主が同意すればそのまま置いていくことも可能ですので、まずは交渉してみるのもよいでしょう。

経験の重要性

リフォーム

住宅における原状復帰は、原状回復と同様の意味で用いられます。
原状復帰業者は、原状復帰だけを仕事にしている業者は少なく、新築の建築やリフォーム工事などを行いながら工事を請け負う業者がほとんどです。
新築などの建築は何も無い所に図面通り施工するので、作業中に問題が発生することは限られています。
しかし、原状復帰となると既存の仕上がりから内部を想像して必要なところだけを取り除く必要があります。
取り除きすぎても取り除く部分が足りなくても二度手間になってしまいます。
そうなると、施工に時間がかかるなどのデメリットとなります。
そうならない為にも原状復帰を主として作業している職人に作業してもらう必要があります。
しかし、ただでさえ職人を見つけるのは大変な作業です。
まして見つけた職人がどういう分野を得意としていて、どれほどの実績があるのかというのは簡単には判断できません。
最近では原状復帰の工事内容や程度を入力するとおすすめの業者を数社選定して、相見積もりを取ってくれるようなサービスも存在します。
こうしたところで複数の業者の見積もりを取り価格の相場を把握してから、交渉することも費用を抑える上では有効です。
不動産屋さんなどに紹介してもらう場合も相手の言いなりになるのではなく、疑問に思ったことは遠慮せずに質問しましょう。
知らなくて恥ずかしいことは何もありません。
ここで相手が質問や疑問に丁寧に答えてくれないようであれば、その業者で原状復帰をするのは慎重に検討しなければなりません。
こうした対応も含めて信頼できる業者を見つけた上で原状復帰をメインに仕事をしている業者を探すことが一番重要です。