原状復帰をプロに依頼【手続きが簡単にできる】

施工実績と対応力が決め手

料金だけでない選定基準

リフォーム

アパート・マンションなどの賃貸住宅や貸店舗・貸オフィスといった賃貸物件では、退去時に原状復帰または原状回復工事を行ないます。
現状復帰は賃貸物件を入居時の状態に戻す目的で行われる工事のことで、工務店やリフォーム業者などの他に原状復帰を専門とする業者が請け負う場合も少なくありません。
このような工事は業者によって料金や施工技術の差が大きいため、業者を上手に選ぶことが費用の節約やトラブル回避につながります。
ハウスクリーニングやクロスの張り替え等を工事内容とする原状復帰には多額の費用がかかってきますので、業者を選ぶ際にはまず料金の比較が欠かせません。
職業別電話帳などを使って業者に1件1件問い合わせていては料金を比較するにも手間がかかりますが、最近ではインターネットで手軽に情報が入手できるようになりました。
HPで原状復帰工事の料金を公開している業者も多くありますので、そういった情報を参考にしながら候補を絞り込むといいでしょう。
細かい点まで料金を比較するには現地調査に基づいた見積もり書の検討も必要ですが、無料で見積もりしてくれる業者を利用すれば負担をかけずに料金を比較できます。
原状復帰を依頼する業者を選ぶ際にはそうした料金の比較だけでなく、技術力や信頼性もチェックすることが大切です。
長年の使用で傷んだ部屋を原状復帰させるには、各所の傷補修・塗装から清掃とフロアコーティングまで幅広い作業が求められます。
施工実績が豊富で技術力に定評のある業者には多能工職人が在籍している例も多く、多種多様な作業にも臨機応変に対応してくれるものです。
原状復帰工事後に何らかの不具合が発生する場合も想定して、サポート面も業者を選ぶ際に見逃せない重要なポイントとなります。
毎年1月から3月にかけては引越しが多く原状復帰工事の需要も増えますので、そうした繁忙期でもスピーディーに対応してくれる業者は人気を集めています。

専門スキルの必要性

工具

賃貸物件を退去する際に必要になるのが、原状復帰工事です。
ほとんどの場合、入居の際に交わす契約にのっとって不動産屋なり大家なりが手配して行い、その費用のうち入居者に起因するものに関して請求されるという流れになります。
経年劣化などは入居者起因ではないので請求されないのですが、どこまでが経年劣化でどこからが入居者棋院かということを判断するのが難しいのです。
その判断の違いによって、トラブルに発展するケースも多くあります。
とはいえ、一般の入居者にとって原状復帰をする業者を自分で探し出すことさえとても困難なことです。
というのも原状復帰をすべて自社で行っている会社というのが非常に少ないのです。
原状復帰といっても復帰する箇所によって大工さんや水道業者、クロス業者に清掃業者とそれぞれの専門分野の施工を行っている職人が作業する必要があります。
ほとんどの会社は、原状復帰の契約を交わしてその契約に基づいて下請けなり、外部に仕事を発注しているのです。
例えば大工さんだけとってみても、普段から木造建築を施工しているのか鉄骨建築を施工しているのかなど分野があります。
原状復帰する物件によって、得意分野の職人を見つける必要があります。
職人は下地など内部構造を想像して復帰工事をして行く必要があり、相当高度な原状復帰の経験が必要になります。
新築住宅の建築では、とても高い技術を持っている人が原状復帰工事の高い技術を持っているかといえば必ずしもそうとは限りません。
原状復帰工事を行う際には、原状復帰工事の高いスキルを持っている人に依頼する必要があるのです。

回避する方法

作業員

原状復帰という言葉の意味は、以前の状態に戻す事を言います。
賃貸住宅においても原状復帰または原状回復と表現され、意味は同じです。
本来の環境・建物などを復元する事と定義されています。
賃貸住宅に住んでいて退去する際は、貸している人に部屋を明け渡すだけではありません。
明け渡しの際には借りた状態に戻してもらう必要があります。
オーナーの所有する物件の価値を下げない為にも、借りた人に原状復帰義務を負ってもらうのは必要な事です。
その為に一時預り金をもらいますが、近年退去時トラブルが多くなっています。
借りた人にとっては原状復帰する工事費の妥当性がわからないので、何故その金額が必要かと疑問に感じてトラブルになるケースが多いです。
借りた人は退去時原状復帰義務がありますが、どこを直すかはオーナー側の判断になります。
その為上記の様なトラブルになるケースがあります。
法律で定められている事や、国土交通省のガイドラインに沿って行いますが、多忙なオーナーに法律を理解して借りた人に説明する事は大きな負担になることもあります。
そんなトラブル回避の方法の1つが、原状復帰ガイドラインを守り、オーナーのサポートをする業者の活用です。
経年劣化か借りた人の故意かを、事例や法令から正しく判断し、オーナーに替わり説明してくれます。
借りた人とのトラブルを未然に防ぐ事は、賃貸住宅の回転率を向上できる事に繋がります。
原状復帰工事業者の活用は、オーナーの資産を守る1つの方法です。