原状復帰をプロに依頼【手続きが簡単にできる】

賢い業者の利用法

物件のタイプ別のプラン

工具

賃貸マンションや貸しビルなどを経営する場合には、入居者が退去した段階で、迅速に元の状態に戻すことが重要です。
特に居住用の物件であれば、単に原状復帰工事を依頼するのではなくて、リニューアルを積極的に実施するのが理想的です。
またアパートやマンション向けに、原状復帰工事を手掛けている業者に相談するのが、稼働率を高めて高収益を実現するコツです。
更に経営するマンションやアパートのコンセプトに合わせて、お洒落なデザインの壁紙に張り替えるのがポイントです。
しかし貸店舗や賃貸オフィスの場合には、設備や内装が大掛かりなので、原状復帰工事の発注では料金を重視するべきです。
ウェブサイトで複数の解体業者に見積もりを依頼して、大家のニーズにマッチした発注先を選ぶのが、スムーズに原状復帰工事を行う秘訣です。
特に飲食店として使われてきた貸店舗であれば、内装スケルトン解体の実績が多い業者のサービスが役立つでしょう。
一方で賃貸オフィスを元通りの状態に戻す時には、クロスの張り替えとカーペットの交換を中心に行うのが賢い方法です。
シンプルな施工内容であれば、坪当たりのコストも割安であり、工事終了後はスムーズに次の入居者を募集できるでしょう。
けれども原状復帰工事を依頼するのは、入居しているテナント自身であるケースも多く、とりわけ迅速な作業を行う業者が評判です。
増設した設備や空調機器などを撤去して、適正に処理する業者であれば、大家とテナントも安心して作業を頼めるでしょう。

退去時のトラブル予防法

リフォーム

新しく賃貸物件に入居する際に気になるのが、原状復帰の必要性です。
物件によっては、好きにリノベーションができたりと原状復帰の必要性がない物件もあります。
しかし、ほとんどの物件は退去時に入居時の状態に戻す必要があります。
これを原状復帰と呼ぶのですが、そうはいっても住んでいる間に床に小傷が付いたり、家具の配置によって壁紙に日焼けの跡が付いたりなど入居者には不可抗力としか言えないような劣化もあります。
こうした劣化に関しては、入居者は原状復帰の必要性がありません。
また壁紙や床をきれいな状態にしなければならないと勘違いしている人も多いのです。
しかし入居時からあるシミや傷などは、当然退去時にも存在します。
こうしたものは、退去するときに修理する必要はありません。
つまり退去時に問題になるような傷や汚れなどは、入居時にしっかりとチェックしておく必要があります。
多くの場合、入居時に不動産屋さんなどが立ちあって確認が行われるのですが、この時に傷や汚れ、設備機器の不具合などをしっかりチェックして不動産屋さんと認識を共有しておくことが必要です。
心配な場合は、家具などを配置していない状態で写真に残しておくことも有効です。
退去時にも不動産屋さん立ち合いの確認が行われます。
心配な場合は、この時に傷や汚れに関する補修の必要の有無をしっかり、一か所ずつ確認し書面に残しておくことで不要な費用を請求されずに済みます。
退去時に伝え忘れなどで後々トラブルが発覚した場合も、追加費用が請求されることもあります。
ほかの部分の修復や復帰が完了した後で発覚した場合、原状復帰する業者からすれば二度手間になり余分な費用が必要になります。
こうした余分な費用も併せて請求されることもあるからです。
気になる部分がある際には黙っているのではなく、不動産屋さんなど貸主と情報を共有しておくことで、無駄な費用を請求されずに済みます。

実績があって早い工事業者

工具

賃貸のアパートやマンションを退出する時には、部屋の原状復帰が必要になります。
そのための費用として敷金を支払っているのです。
最近は敷金がない場合もありますが、その時は原状復帰にかかった費用は自己負担となります。
オーナーや不動産屋は提携している工事業者がいますが、必ずしもその業者を使わなければいけないという決まりはありません。
自分で工事業者を選べば、安い値段で原状復帰できることがあります。
では、どのような工事業者を選んだらいいかというと、原状復帰工事の実績が多い業者です。
原状復帰というのは自然な経年劣化の場合と、故意に破損した場合では対応が違ってきます。
経年劣化で床が色あせたり壁が汚れた場合は原状復帰する必要がありません。
実績のある工事業者ならその辺の見極めができますし、ネットを利用すれば工事業者を比較して選ぶことができます。
選ぶ前に原状復帰にかかる見積もりを出してもらって、価格の低い業者を選ぶといいでしょう。
また、価格の他に大事なのが、工事のスピードです。
時間がかかる業者は費用も高くなるので、見積もりで選ぶ場合は工事期間がどのくらいになるのかをチェックする必要があります。
工事業者の中には、原状復帰を専門に行っている所があります。
このような業者は実績が多いので、安価でスピーディーに工事ができます。
例えば一人の職人で全ての工事に対応できる体制ができています。
このような業者は水道のパッキンを交換することもできるので、費用対効果が大きくなります。